ひびや‐こうえん〔‐コウヱン〕【日比谷公園】 の意味

  1. 東京都千代田区日比谷にある日本最初の西洋式公園。明治36年(1903)開園。園内に大噴水・公会堂・図書館・野外音楽堂などがある。
  • ひびや‐こうえん〔‐コウヱン〕【日比谷公園】の例文

    出典:青空文庫

    •        上 秋は小春のころ、石井という老人が日比谷公園のベンチに腰をおろして休んでいる。

      国木田独歩「二老人」

    • ・・・彼女はお富達と手をつなぎ合せ、一旦日比谷公園まで逃れようとしたが、火を見ると足も前へ進まなかった。

      島崎藤村「食堂」

    • ・・・その日は日比谷公園を散歩しながら久し振でゆっくり話そう、ということに定めて、街鉄の電車で市区改正中の町々を通り過ぎた。

      島崎藤村「並木」