出典:デジタル大辞泉(小学館)

着物の上に着る、羽織に似た外衣。襟もとを四角にあけ、胸のところで左右を深く合わせて組紐 (くみひも) でとめる。江戸時代は茶人・俳人などが着たが、明治時代以後は変形して主に女性の和装用コートとなった。袖無しにして女児の祝い着などにも用いられる。 冬》「美しき老刀自なりし―艶 (えん) に/虚子

出典:青空文庫