出典:デジタル大辞泉(小学館)

関数yfx)のxx1からxx1hまでの平均変化率[fx1h)-fx1)]/hで、hを0に近づけるときのこの極限値。f′(x1)と表す。