出典:デジタル大辞泉(小学館)

大口袴 (おおくちばかま) の一。前面を精好 (せいごう) 織り、後面をさらに横糸を太くした大 (おお) 精好で仕立てて、後ろ腰を張らせて着用する。風流 (ふりゅう) のときは直垂 (ひたたれ) の袴を省略することもあり、能装束にその様式を伝えている。あとばりのおおくち。⇔前張 (さいばり) の大口