出典:デジタル大辞泉(小学館)

ベニザケ陸封型。全長約30センチ。背面は藍色、体側は銀白色。産卵期には黒っぽくなり、ひれが赤みを帯びる。北海道の阿寒湖などに分布するが、十和田湖中禅寺湖などに移殖されている。食用。 夏》