出典:デジタル大辞泉(小学館)

何度もくじけ、何度もみがかれること。転じて、種々の苦労を重ねること。「百折千磨の艱苦 (かんく) を経る」