出典:デジタル大辞泉(小学館)

ビャクダン科の半寄生性の常緑小高木。高さ3~10メートル。幹は直立して分枝し、葉は長卵形で先がとがる。花は鐘形で円錐状につき、黄緑色から紫褐色に変わる。果実は丸く、紫黒色に熟す。材は黄色がかった白色で強い香りがあり、仏像・美術品・扇子や線香などに使うほか、白檀油をとり香料にする。インド・東南アジアに産する。栴檀 (せんだん) 。

出典:青空文庫