出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「尉繚子」治本から》どんなに広い海の水でも、飲み水としては一人の渇 (かつ) をいやすにも足りない。大きいばかりが能ではないというたとえ。