百里(ひゃくり)の道(みち)も一足(ひとあし)から の意味

  1. 遠い旅も第一歩から始まる。遠大な事業も手近なところから始まることのたとえ。千里の行 (こう) も足下に始まる。