出典:デジタル大辞泉(小学館)

あれこれ考えること。

「―千思、僕はついに自ら進んで」〈蘆花思出の記