出典:デジタル大辞泉(小学館)

英国の海軍少将ビューフォート(Francis Beaufort)が考案した風速の尺度。1806年の航海日誌から使用し、帆船に対する風力の状態を目視により表した。現在は地表の地物の状態や海面の波浪などによって風力を0~12の13階級に区分し、風速を定めている。