出典:デジタル大辞泉(小学館)

Würzburger Residenz》ドイツ中部、バイエルン州の都市、ビュルツブルクにある大司教の宮殿(レジデンツ)。大司教ヨハン=フィリップ=フランツの宮殿として、ドイツの建築家バルタザール=ノイマンの設計により、1720年から1744年にかけて建造された。イタリアの画家ジョバンニ=バティスタ=ティエポロの巨大なフレスコ天井画がある。代表的なバロック建築として知られ、庭園や広場を含め、1981年に「ビュルツブルク司教館、その庭園群と広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ウュルツブルク司教館。