ひょう‐かい〔‐クワイ〕【氷塊】 の意味

  • ひょう‐かい〔‐クワイ〕【氷塊】の例文

    出典:青空文庫

    • 氷塊が流れ初めた。

      黒島伝治「国境」

    • ・・・たとえば流氷のようなものでも舷側で押しくずされるぐあいや、海馬が穴から顔をだす様子などから、その氷塊の堅さや重さや厚さなどが、ほとんど感覚的に直観される。

      寺田寅彦「映画雑感(1[#「1」はローマ数字、1-13-21])」

    • ・・・ バスチアンとイドウとが氷塊を小汽艇へ積み込んでいるところへテレーズがコーヒーの茶わんを持ってくる。

      寺田寅彦「映画雑感(4[#「4」はローマ数字、1-13-24])」