出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 音楽用語。

    1. ㋐音楽のリズムを形成する基本単位。一定数の拍 (はく) の集まりで、強拍弱拍との組み合わせからなる。拍の数により二拍子三拍子などという。雅楽では早 (はや) 拍子延 (のべ) 拍子など。

    2. ㋑雅楽の笏拍子 (しゃくびょうし) のこと。また、その奏者。

    3. ㋒雅楽で、ある楽曲中での太鼓の打拍数。また、それによって表す曲の規模。拍子八・拍子十など。

    4. ㋓能楽で、四つの伴奏楽器、すなわち笛・太鼓・大鼓・小鼓のこと。また、謡曲をうたう音声の節度。

    5. ㋔能楽・舞踊で、足拍子のこと。

  1. 何かが行われたちょうどそのとき。とたん。「立ち上がった拍子に頭をぶつける」

  1. 物事の進む勢い。調子。「拍子に乗る」「とんとん拍子」

  1. 連句の付合 (つけあい) 手法の一。前句の句勢に応じてつける方法。→七名八体 (しちみょうはったい)