出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. からだを丸くしてしゃがみ込む。また、獣が足をたたみ込んで腹ばいになる。「物陰に―・る」

  1. しゃがんで礼をする。

    1. 「扇を笏 (しゃく) にとりて、すこしうつぶして、―・り居たり」〈宇治拾遺・一四〉

[補説]歴史的仮名遣いを「うづくまる」とする説もあるが、平安時代の文献にその確例はない。