ひょう‐じょう〔ヒヤウデウ〕【平調】 の意味

  1. 日本音楽の十二律の一。基音の壱越 (いちこつ) より二律高い音で、中国の十二律の太簇 (たいそう) 、洋楽のホ音にあたる。
  1. 雅楽の六調子の一。1の音を主音とする旋法。