出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (平文)漆器の加飾法の一。金銀などの薄板を文様に切って漆面にはり、漆で塗り埋めてから、その部分を研ぎ出すなどして文様を表す。奈良時代に唐から伝わり、平安時代に盛行。ひらもん。

  1. 装束に用いた、彩色や刺繍 (ししゅう) による種々の色の組み合わせ文様。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉