出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヤママユガ科のガ。翅 (はね) の開張は雄が約8~9センチ、雌が約8.5~11.5センチ。雄は黄褐色、雌は黄色で、秋に発生。幼虫はクリ・クヌギ・ナラなどの葉を食害。繭は緑色で柄のついたかます形をし、山かます・山びしゃくとよばれる。