出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (平付け)連歌・連句で、前句に趣向を凝らさずにつける付け方。

  1. ある場所や物に乗り物を直接につけること。じかづけ。

    1. 「船―につけ、ふみかたぶけて馬おろさんとせば」〈平家・一一〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉