出典:デジタル大辞泉(小学館)

霊長類にみられる爪。背側に堅く平たい爪板があり、付け根の爪床から作り出され、角質化の進んでいない部分が白い半月状をしている。鉤爪 (かぎづめ) から変化したもの。