出典:デジタル大辞泉(小学館)

蒔絵の技法の一。漆で文様を描き、金・銀・錫 (すず) 粉などを蒔きつけて乾燥させ、のち文様の部分だけ漆をつけて磨いたもの。平安時代に始まった。