出典:デジタル大辞泉(小学館)

胆汁に含まれる黄色の色素。赤血球ヘモグロビンが、脾臓 (ひぞう) などの細網内皮系で破壊されて間接ビリルビンとなり、さらに肝臓に運ばれ水に溶けやすい直接ビリルビンとなって腸内に排出される。血中ビリルビン濃度が上昇すると黄疸 (おうだん) となる。ヘマトイジン。