出典:デジタル大辞泉(小学館)

岐阜県中西部、大日岳東麓に広がる草原。標高900~1000メートル、広さは東西3キロメートル、南北2キロメートルに及ぶ。太平洋側と日本海側を分ける分水嶺にあたる。湿原植物のワタスゲミズバショウの群生が見られ、ともに日本最南限の自生地。夏は避暑地、冬はスキー場としてにぎわう。