出典:デジタル大辞泉(小学館)

ツベルクリン反応の経皮的なもの。旧ツベルクリン液を皮膚にたらして軽く傷つけ、24時間あるいは48時間後に発赤腫脹 (しゅちょう) があれば陽性とする。オーストリアの小児科医ピルケ(C.Pirqet)が1907年に発表。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉