出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 例をあげてくらべること。

    1. 「目高が湖に泳ぐような―で海が広いとは云え」〈葉山海に生くる人々

  1. 物の形において、各部分相互間または全体と部分との割合が釣り合っていること。

    1. 「眼の長さが顔の幅に―しないとか」〈漱石それから

  1. 二つのものが一定の関係をもつとき、一方の増減につれて他方も増減すること。「身長と体重は必ずしも―しない」

  1. 二つの変数の間で、一方が2倍・3倍となるにつれて、他方も2倍・3倍となっていくこと。関係をyaxaは0でない定数)と表す。正比例。

  1. 二つの変数の比が他の二つの変数の比と等しいこと。abcdで表す。

出典:青空文庫

出典:gooニュース