出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接頭]《「ひろ(広)き」の音変化》同じ位階のうち、低いほうであることを示す。正位を「おおい」というのに対する。「従八位」を「ひろいやつのくらい」とよむ類。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉