出典:デジタル大辞泉(小学館)

キプロス島の南岸、マロニ川西岸丘陵にある新石器時代の遺跡。紀元前7000~前4000年頃の集落の跡と墓地が残されている。住居は藁 (わら) や日干し煉瓦 (れんが) と石で造ったとみられ、大きさは直径2~3メートルから10メートルとさまざまで、復元住居も造られている。墓地からは、偶像や祭礼用の什器 (じゅうき) などの副葬品が出土した。1998年に、世界遺産(文化遺産)に登録された。キロキティア。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉