出典:デジタル大辞泉(小学館)

栃木県中西部から南部に流れる川。栃木市北方に源を発し、同市南部の渡良瀬遊水地渡良瀬川に合流する。長さ30キロ。江戸時代の初めころから栃木と江戸を結ぶ舟運による交通路として重要な川だった。名の由来は、かつて渦を巻いて流れたことによる。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉