出典:デジタル大辞泉(小学館)

東洋の弦楽器。木製の扁平 (へんぺい) な茄子 (なす) 形の胴に、4、5本の弦を張ったもの。日本のものはふつう4~5個の柱 (じゅう) をつけ、撥 (ばち) で奏する。起源はペルシアとされ、中央アジア・中国・朝鮮半島を経て、奈良時代に日本に伝来。雅楽に用いられ(楽琵琶)、のち盲僧琵琶平家琵琶薩摩 (さつま) 琵琶筑前琵琶などが生まれた。

出典:青空文庫