出典:デジタル大辞泉(小学館)

滋賀県中央部を占める断層陥没湖。日本最大の湖で、面積670.5平方キロメートル。湖面標高85メートル。多くの河川が流入するが、流出は瀬田川から宇治川淀川となって大阪湾へ注ぐほかは京都に通じる琵琶湖疏水のみ。沿岸の景勝は近江八景として表され、沖島・竹生 (ちくぶ) 島などが浮かぶ。湖底には遺跡が確認されている。魞 (えり) 漁が行われ、シジミ・アユ漁なども盛ん。古くは淡海 (おうみ) ・近江の海 (み) ・鳰海 (におのうみ) とよばれた。平成5年(1993)ラムサール条約に登録され、平成20年(2008)には区域が拡張された。

出典:青空文庫

出典:gooニュース