出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 色の名。三原色の一つで、新鮮な血のような色。また、その系統に属する緋 (ひ) 桃色などの総称。

  1. 《赤ペンで直すところから》校正添削の文字や記号。赤字。「赤を入れる」

  1. 《革命旗が赤色であるところから》共産主義共産主義者の俗称。

  1. (「あかの」の形で)全くの、明らかな、の意を表す。「赤の他人」「赤の嘘」

  1. 赤信号」の略。

  1. 赤字2」の略。

  1. 赤短 (あかたん) 」の略。

  1. 赤味噌 (あかみそ) 」の略。

  1. 《「あかがね」の略》銅。

  1. 10赤米 (あかごめ) 1」の略。

  1. 11 赤小豆 (あかあずき) をいう女房詞。あかあか。

[接頭]名詞に付いて、全くの、明らかな、の意を表す。「赤裸」「赤恥」