あか【×垢】 の意味

  1. 汗・脂・ほこりなどがまざり合って皮膚の表面につく汚れ。「垢を落とす」
  1. 水中の含有物が器物などに付着したもの。水あか・湯あかなど。
  1. 心身に宿ったけがれ。「俗世の垢」
  1. 欠点。未熟さ。
    • 「稽古の劫 (こふ) 入りて、―落ちぬれば」〈花伝・三〉

あか【×垢】の慣用句

  1. 垢が抜ける
    • 汚名が晴れる。
      「祝言させねば、娘の―・けぬ」〈浄・万年草