出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接頭]名詞または形容動詞の語幹に付いて、それを打ち消し、否定する意を表す。不 (ぶ) 。
  1. …でない、…しない、などの意を添える。「無風流」「無遠慮」

  1. …がわるい、…がよくない、などの意を添える。「無愛想」「無作法」「無細工」

[補説]「不…」「無…」の使い分けについては、概して「不」は状態を表す語に付き、「無」は体言に付くとはいえるが、古来、「不(無)気味」「不(無)作法」など両様に用いられる語も少なくない。また、「不」字は呉音フ、漢音フウであって、ブは「無」字の漢音ブに影響されて生じた慣用音と思われる。