出典:デジタル大辞泉(小学館)

アイルランド南部、コーク州の町。12世紀創建のシトー派修道院とともに栄えたが、16世紀のヘンリー8世による修道院解散令で衰退。18世紀末にスコットランドの実業家、ジョン=アンダーソンがこの土地を購入し、社会基盤の整備を進めた。英国支配時代、英国軍の駐屯地が置かれた。ブラックウオーター川沿いに位置し、釣りの名所としても知られる。