出典:デジタル大辞泉(小学館)

fuzzy theory》真(1)か偽(0)かという二値論理に対して、人間の言語や推論に含まれるあいまい性を一種の確率変数として、1~0間の数で表す数学理論。コンピューターや機械制御に応用される。あいまい理論。