出典:デジタル大辞泉(小学館)

function point method》ソフトウエアの規模や開発工数などを見積もる手法の一。採り入れられた機能とその複雑さによって分類し、それぞれの機能に付与した点数を加算することで客観的・定量的に見積もることができる。FP法。→プログラムステップ法ココモ