出典:デジタル大辞泉(小学館)

video response system》NTTが1980年代に開発した会話型画像応答システム。NTTのセンターとユーザーを光ケーブルで結び、リクエストに応じ、文字・図形・静止画をはじめ、動画データなど各種情報をブラウン管に表示して会話方式で提供するサービス。昭和63年(1988)にSuper CAPTAINと改称してサービスを開始したがあまり普及せず、インターネットの普及にともない平成14年(2002)にサービスを終了した。