出典:デジタル大辞泉(小学館)

化石の木生シダ。鱗木 (りんぼく) 類の一種で、石炭紀から二畳紀にかけて栄えた。高さ約30メートル、枝がなく、頂端に細長い葉を密につけ、その葉の落ちた跡が六角形または菱形で封印に似る。