ふう‐かい【×諷戒】 の意味

  1. [名](スル)遠まわしにいましめること。
    • 「『源氏物語』を評論して、時世を―せし書ぞといい」〈逍遥小説神髄
  • 名詞