ふうじ【封じ】 の意味

  1. おさえつけて活動できないようにすること。「虫封じ」「口封じ」
  1. 封のしてあること。また、そのところ。封じ目。「状袋の封じを切る」
  • 名詞

ふうじ【封じ】の慣用句

  1. ふうじこめ【封じ込め】
    • 封じ込めること。「近隣諸国の封じ込めに遭う」
  1. ふうじこめせいさく【封じ込め政策】
    • 第二次大戦後、米国が、資本主義諸国の協力のもとに共産主義の勢力をその圏内に封じ込めようとしてとった政策。ソ連には1950年代、中国には1960年代に経済的、軍事的な包囲を行ったが、いずれも失敗。
  1. ふうじて【封じ手】
    • 囲碁・将棋で、対局が持ち越される場合、翌日先に打つ人が、次の手を紙に書いて封じ入れておくこと。また、その手。
    • 武術などで、使うことを禁じられている技。禁じ手。
  1. ふうじぶくろ【封じ袋】
    • 封筒。状袋。
  1. ふうじぶみ【封じ文】
    • 封をした手紙。封書。
  1. ふうじめ【封じ目】
    • 封をした所。「封じ目に押印する」
  1. ふうじろう【封じ蝋】
    • 封書・包み物・瓶の栓などの封じ目に塗って密閉するための蝋。封蝋。
  • ふうじ【封じ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・寝室の外の廊下には、息のつまるような暗闇が、一面にあたりを封じていた。

      芥川竜之介「影」

    • ・・・窓と云う窓はいつまで待っても、だらりと下った窓かけの後に家々の秘密を封じている。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・ が、辞令も革鞄に封じました。

      泉鏡花「革鞄の怪」