出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 拍子をつけて歌う言葉の総称。また、それを歌うこと。神楽歌催馬楽 (さいばら) 今様 (いまよう) から、現今の唱歌民謡歌謡曲などまで種類が多い。

  1. 一定の音節数によって語の調子を整えた感情の表現。長歌短歌旋頭歌 (せどうか) 近代詩などの総称。

  1. (歌)和歌。特に、短歌をさしていう。「―の道」

  1. (唄)三味線を伴奏とする「うたいもの」の称。長唄端唄 (はうた) 小唄地唄など。

[補説]2で、近代詩の場合には「詩」とも書く。
[補説] 
2016年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーンでの「歌」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆国境をこえて人と人をつなぐ声の手紙。
アキさん

◆一瞬で過去の自分にタイムスリップできる鍵。
ぽんちょびさん

◆想いを伝える手段。
ほーがさん

◆嬉しいとき、楽しいとき、悲しいとき、落ち込んだときなど、わたしたちの感情に寄り添ってくれるもの。
RUMIさん

◆音痴の地獄。
takuroさん

◆希望やパワー・空想・妄想・情景が浮かぶ歴史年表。心の履歴書。人類にとって共通・共有出来る五線譜。
メスカリートさん

◆言葉を旋律に乗せ、さらにそれを人の声で発することにより、言葉の力を途方もなく増幅するもの。
yatakusaさん

◆人生の節目の思い出になくてはならないもの。その記憶を鮮明に蘇らせてくれる装置。
ピンキーさん