出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「風」は「詩経」国風、「騒」は「楚辞」離騒。ともに詩文の模範とされたところから》詩文を作ること。また、詩文を味わい楽しむこと。

「此関は三関の一にして、―の人、心をとどむ」〈奥の細道