出典:デジタル大辞泉(小学館)

和歌の内容を表現した絵。平安時代に流行。歌を書き添えてある場合が多い。

「葦手 (あしで) 、―などを思ひ思ひに書け」〈・梅枝〉