出典:デジタル大辞泉(小学館)

モロッコ北東部の都市。9世紀、イドリス朝時代に首都が置かれ、13世紀以降、マリーン朝時代に宗教と学問の中心地として発展した。城壁に囲まれた旧市街フェズ‐エル‐バリには、カラウィンモスクのほか、ブーイナニアマドラサアッタリーンマドラサなどのイスラム教の神学校がある。密集する建物の間を縫うように狭い通路が走る迷宮都市として有名で、1981年、「フェズ旧市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。フェス。ファス。