出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「フェーバリット」「フェイバリット」とも》好みであること。お気に入りであること。また、そのもの。