出典:デジタル大辞泉(小学館)

オリンパス社と米国イーストマン‐コダック社により策定されたレンズ交換式デジタルカメラの共通規格。従来のフィルム用一眼レフカメラのレンズと異なり、イメージセンサーへの光線の入射角がほぼ垂直になるよう設計され、画像周辺部の解像度と向上と周辺減光の改善がはかられている。名称はイメージセンサーの大きさが4/3型(約17.3×13ミリメートル)であることに由来する。→マイクロフォーサーズ