出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ぶかくご」とも。その場合「無覚悟」とも書く》覚悟ができていないこと。また、油断して失敗を招くこと。不覚。

「人の軒のあまりを無心し、借宅する―」〈浮・新永代蔵〉