出典:デジタル大辞泉(小学館)

《平安時代ごろまでは「あかい」》つぐない。あがない。

「酒、くだものなど取り出ださせて―せん」〈宇治拾遺・一一〉