出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 浄瑠璃の分類の一。語り物である義太夫節に対して、歌い物の要素を加味した浄瑠璃。大薩摩 (おおざつま) 一中 (いっちゅう) 河東 (かとう) 薗八 (そのはち) 富本常磐津 (ときわず) 清元新内などをいう。

  1. 長唄の一種で、浄瑠璃の語り物の要素を加味したもの。明和(1764~1772)のころ、富士田吉治が始めた。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉