出典:デジタル大辞泉(小学館)

《笈 (おい) を負って遠くへ行く意》遠くへ勉学に出かけること。遊学。

「―して明師に参学すべし」〈正法眼蔵・四禅比丘〉